出会い系サイトは、日頃から異性と出会う機会がないという人はもちろん、目的や条件にこだわった出会いを見つけたいという人にとっても大変画期的なサービスとなっています。

しかし、一方でこの利便性を悪用して利用者から料金や個人情報を騙し取る悪質なサイトがあることを忘れてはいけません。

ここでは、出会い系サイトを利用する上で気をつけておくことをまとめています。

悪質なサイトの存在

出会い系サイトは、誰にも知られずにネット上で異性との出会いを見つけることができる大変便利なサービスなのですが、利用するにあたってはいくつか注意しなければいけないことがあります。

そのひとつが、悪質なサイトの存在…。
出会い系サイトは、異性との出会いをサポートするのが本来の目的なのですが、なかには出会い系サイトと言うのは名ばかりで、実際には利用者から料金を騙し取ったり個人情報を盗み取るといった悪質なサイトがあるのです。

悪質なサイトに登録してしまうと、出会いが見つからないだけでなく思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

それでは、悪質なサイトにはどのようなものがあるのでしょう?

サクラ

サクラは、当て字で「偽客」と書かれることもありますが、要するに出会い系サイトに潜むサクラは偽物の会員、つまり会員に成りすましたサイト側の人間ということになります。
相手会員に成りすましたサクラは、利用者に故意に課金させたり有料のサービスへ誘導することを目的としています。

サクラサイトには、正規の会員の中に何人かのサクラを紛れ込ませるところもありますし、もっと悪質になると正規の会員はほとんどいなくて、サクラだらけというサイトもあります。

いずれにしても、サクラが一人でもいる時点でそこは詐欺サイトなので利用してはいけません。

架空請求

架空請求も悪質な出会い系サイトの定番の詐欺行為です。
架空請求は、実際には利用していないサービスをあたかも利用したかのように見せかけて、法外な料金を一方的に請求してきます。
もちろん、身に覚えのない請求であれば支払う必要はありません。

架空請求に似たものに不当請求というものがありますが、不当請求の場合は実際に有料のサービスを利用したものの、契約の内容とは違った法外な請求をしてくるといったものになります。

不当請求の場合は、実際に有料のサービスを利用しているということで無視するわけにはいきませんが、あまりにも実際の利用料よりも請求金額がかけ離れている場合は、一度サイト側に問い合わせをして、それでも一方的に請求される場合は消費者センターなどに相談してみましょう。

架空請求や不当請求を未然に防ぐには、料金表や支払い方法をしっかりと確認することが求められます。
支払方法が後日請求、つまり後払いになっているサイトは特に注意が必要となります。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺は、悪質な出会い系サイトやアダルトサイトでよく見かける詐欺の手法です。
サイト内にある「年齢認証」や「動画を見る」…といったリンクボタンをクリックしたとたんに「会員登録が完了しました…。」などといった別ウィンドウが立ち上がり、料金を振り込むように指示されます。

もちろん、これは正規の契約にはならないので無視していても問題はありません。
ただ、これがワンクリックウイルスだった場合は、クリックと同時にウイルスをインストールしまうことになり、請求のウィンドウを消しても消しても繰り返し表示され無視できない状況になります。

しかし、慌てることはありません。
このような状況も、最新のウイルスソフトを使って駆除することで解決できます。

ワンクリック詐欺やワンクリックウイルスを未然に防ぐためには、怪しいサイトのリンクボタンを無暗にクリックしないことですが、それに加えて最新のウイルスソフトを導入して悪質なサイトからパソコンを守るといった対策も必要となります。